[HOME] [研究室] [github] [twitter] [blog] [fml4] [fml8] [北海道] Powered by NetBSD and [nuinui.net] .

趣味

趣味(研究:-)

山登り (へなちょこ)

映像芸術(日本が世界に誇る文化ですね)の研究(というと大げさ:-)

好きな監督: アミノテツロー今川泰宏 、 出崎統 、 ビクトル・エリセ、 アンドレイ・タルコフスキー

真下耕一も、かなり好き。 あと、カリオストロまでの宮崎駿。

アメリカ映画だとシドニー・ポラックかなぁ。

好きな脚本家:山本優 [1] 、 深沢一夫 [2] 、 おけやあきら [3]

好きな漫画家: 竹本泉、 西村しのぶ 、 ひぐちきみこ

全集買うくらい好き作家(かつよく読む作家): [4] (今) プラトン(日本語訳;-)、ヘミングウエイ(原書限定) | (昔) 夏目漱石、梶井基次郎、アーネスト・ヘミングウエイ

Notes

[1]

脚本家歴は非常に長いが、代表作はJ9シリーズだろう。 『銀河旋風ブライガー』にはじまるJ9シリーズ、 遺跡ぶっこわしアニメの『魔境伝説アクロバンチ』など。 国際映画社の栄光の時代というと、山本優な気がする:)

『あしたへフリーキック』のシリーズ構成、メイン脚本家の一人。

[2]

もともとアニメ界の人ではないので、アニメは 『太陽の王子ホルスの冒険』と『母をたずねて三千里』しかない。

『母をたずねて三千里』の原作は短いので、八割くらいは深沢一夫の 創作といっていいのだろう。マルコの家の背景、貧乏人の共同体、 旅といえば道連れだよ → ペッピーノ一座、 この辺の設定は、みな深沢一夫によるものらしい。

[3]

『あしたへフリーキック』のメイン脚本家の一人。 世間的には「ぶぶチャチャ」(監督はアミノテツロー)の 脚本家というとわかりやすいかもしれない。

H2あたりあたりからいい感じだ、特にコメットさんはいい感じっすよ。

[4]

うーむ、わかいな。このラインナップは、というか。 若いころからラインナップが進化してないというべきか。

[HOME] [研究室] [github] [twitter] [blog] [fml4] [fml8] [北海道] Powered by NetBSD and [nuinui.net] .
Copyright (C) 1993-2019 Ken'ichi Fukamachi mail:< fukachan at fml.org >