CHANGES-4.0.2 (from 4.0.1 to 4.0.2)
	$Date: 2001/07/25 03:35:20 $

   [4.0.2 の主な変更点]

	* 新機能は fml 5.0 のモジュールベースに変更 
	* ドキュメントの一部を 5.0 branch へ移行
		doc/devel/OS_and_Perl (OS デフォルトの perl 情報一覧)
		doc/devel/ 全体
	* IPv6 をデフォルトで使う
	* MIME エンコーディングのエンジンを IM ベースへ
	* X-ML-Info: ループチェックの仕方の微修正
		今まではアドレスを含むか否か?だったが、
		それだと引っかかり過ぎることがあるため
	* サマータイムの考慮
	* List- ヘッダを個別にカスタマイズ可能にする
	* 全受信者数を数えている変数を作る
		$Total_Rcpt_Count
	* bug fixes
		FreeBSD での CGI 
		spool2html で module が @INC にない
		_smtplog の expire が変なのを修正

2001/07/23

   4.0.2 release   

2001/07/22

   sbin/makefml (2.218-2.219):
	correct _NULL_ handling in menu
	fix $LANGUAGE handling in the case English

   etc/makefml/menu.conf (1.25-1.26): 
	use _NULL_ to select null for $SUBJECT_TAG_TYPE      
	define /OPTION/LANGUAGE/LANGUAGE       

	メニューから $SUBJECT_TAG_TYPE で空文字列を選べないバグを修正
	$LANGUAGE の選択をできるようにする(自動ではない)

2001/07/16

   proc/libmesgle.pl (1.17-1.18):
	modified MesgLEtranslate() accpet English

   libexec/fml_local.pl (2.7-2.8):
	permit English in MesgLETranslate()

2001/07/12

   4.0.2_BETA

   proc/libsynchtml.pl (2.42-2.43): 
	article can be overwritten

   bin/spool2html.pl (2.18-2.21):
	use Getopt::Long to enable --overwrite option

	we can now overwrite HTML'ed article which already exists in htdocs/
	when you specify --overwrite option for spool2html.

	use FML::Date to speculate unix time from Date: in the article and
	use it for the date of HTML'ed article not stat(2) information.

	spool2html --overwrite 

		このオプションをつけると、HTML を再生成をする
		(デフォルトではすでにHTML化された分については無視する)。

	記事→HTML 化する際に記事内の Date: ヘッダフィールドを使う

2001/07/08

   sbin/makefml (2.216-2.218):
	use sysseek() to trap error

   kern/libsmtp.pl (2.52-2.53):
	fix CRLF at .

2001/07/06

   www/template/English/ml-admin/index.html (1.3-1.5):
	 nuke prepending _CGI_PATH_

2001/07/03

   proc/libdist.pl (2.27-2.28): fix MIME encoding bug
	apply fml-help:00418 (by OGAWA Kunihiko <kuni@edit.ne.jp>) to
	fix MIME encoding.

2001/06/30

   X-ML-Info: ループチェックの仕方の微修正
	今まではアドレスを含むか否か?だったが、
	それだと引っかかり過ぎることがあるため

2001/06/28

   MIME まわり

	すまん IM:: が EXEC_DIR にインストールされないや、修正
	注意: つまり 20010627-current では mimew.pl を使ってしまう

	デフォルトで module/Japanese/ を @INC に追加 

2001/06/27

   proc/libmodedef.pl
	fix _smtplog expiration

	_smtplog の expire の bug fix	

   proc/libMIME.pl 

	mimeencode uses IM::Iso2022jp not mimew.pl by default.
	If it fails to load IM:: modules, fall back to old
	mimeencode() by mimew.pl

2001/06/18

   List-*
	null string by default

	List- ヘッダに変な値が設定されないように、
	デフォルト値を修正する。

2001/06/17

   bin/spool2html.pl
	add ${EXEC_DIR,opt_I}/module to @INC by default

	@INC に module/* を入れるように修正
	これをしないと Mail::Address が見つからないなどという
	エラーが出る(が、spool2html は動くけど)

2001/06/14

   kern/fml.pl
	apply patch by OGAWA Kunihiko <kuni@edit.ne.jp> (fml-support: 09378)
	add X-Dispatcher, X-Newsreader, User-Agent to @HdrFieldsOrder

	@HdrFieldsOrder に追加する。元々ヘッダは素通しなので、
	並ぶ順がきれいか否か程度の意味しかない:)

   www/lib/libcgi_makefml.pl (1.60-1.61)
	add /usr/local/sbin as a search path for postalias

2001/06/10

   List-* ヘッダをカスタマイズできるようにする。変数は

	$USE_RFC2369 を 1 (デフォルト)で、
	0 にすると List-* ものが全部なくなります。

	List-* ヘッダを個別にカスタマイズしたい場合は、
	次の変数があります。

		$LIST_SOFTWARE   
		$LIST_POST       
		$LIST_OWNER      
		$LIST_HELP       
		$LIST_UNSUBSCRIBE
		$LIST_ID         

2001/06/03

   4.0.1 release

---------------------------------------------------------------------------

$FML: CHANGES-4.0.2.wix,v 1.8 2001/07/25 03:35:20 fukachan Exp $