[______TOC_______] [NEXT CHAPTER]
                内部構造や実装の理屈についてなど


  • 1 概要
  • 1.1 ML Server Process Overview
  • 1.2 Historical View
  • 1.3 Policy
  • 1.4 機能の概要
  • 1.5 インストール
  • 2 fml の機能についての概要
  • 2.1 Directory 構造
  • 2.2 インストーラ
  • 2.3 ドキュメントについて
  • 2.4 一般ユーザー権限ということ
  • 2.5 ライブラリ・モジュールとダイナミック・ローディング
  • 2.6 設定ファイル (config.ph)
  • 2.7 アクセス制御と自動登録
  • 2.8 ファイル操作: 取り寄せとまとめ送り
  • 2.9 MIME や base64 等の処理
  • 2.10 リモートでMLを管理すること
  • 2.11 .forward
  • 2.12 Listserv/Majordomo
  • 2.13 MTAとの通信 (e.g. sendmail)
  • 2.14 MTAがメールを受けとれないマシンの時
  • 2.15 セキュリティ
  • 2.16 その他の機能
  • 3 Version Up と互換性について
  • 3.1 how to version up
  • 3.2 新しい機能を有効にするには?
  • 3.3 config.phの互換性について
  • 3.4 互換性のためのライブラリ
  • 3.5 FML 1.6 より前からの移行について
  • 3.6 FML 2.0 との互換性 (get コマンド)
  • 3.7 hml 1.6 との互換性
  • 4 設計指針に関するいくつかの考察…
  • 4.1 From: はすべてを認めるべきだろうか?
  • 4.2 ML無限ループのチェックメカニズム
  • 4.3 newsyslog(8)
  • 4.4 Date: == サーバが配送した時間
  • 4.5 Received: を削る
  • 4.6 Return-Receipt-To: も削るべき
  • 5 ファイルをまとめて操作する関数群 (mgetとまとめおくりで使う)
  • 5.1 mget options (help file より)
  • 5.2 mget3 のデフォールトの変更
  • 5.3 mget3 インターフェイス:パターンマッチ戦略
  • 5.4 プログラムのパス
  • 5.5 mget3 の送り返しプロセス
  • 5.6 コマンドで単なるシンタックスエラーの警告をする
  • 5.7 mget の送り返し時のファイルサイズ
  • 5.8 mget で指定できるファイルの最大数
  • 5.9 Mget Format: Unix From 形式
  • 5.10 Mget Format: MIME/MultipartのBNF表現(RFC1521より)
  • 5.11 Mget Format: MIME/Multipartの見本
  • 5.12 Mget Format: RFC934
  • 5.13 Mget Format: RFC1153 digest
  • 5.14 Mget Format: 1153 のカスタマイズ
  • 5.15 Mget Format: lzh + ish option
  • 5.16 SJIS にファイルを変換して送る (lzh + ish と lhz + uuencode option)
  • 6 FML のプロセス
  • 6.1 MLサーバの動作 (fml と sendmail の役割分担)
  • 6.2 Sendmail -> fml.pl 時の動作
  • 6.3 ブートストラップ過程での変数の設定
  • 6.4 ライブラリのファイルを探す順番 (fml.pl と ARGV)
  • 6.5 設定ファイルのサーチ順番
  • 6.6 fmlのプロセス(STDINからの読み込みの第一段階)
  • 6.7 fmlのプロセス(第2段階, %Envelopeの処理)
  • 6.8 fml process の lock と signal handling
  • 6.9 イベント・スケジューラ
  • 6.10 ロックの仕方(flock でない場合)
  • 7 FML 内部におけるデータ構造
  • 7.1 変数名の naming convention
  • 7.2 関数名の Naming Convention
  • 7.3 %Envelope (ハッシュテーブル)
  • 7.4 データ構造の初期化
  • 7.5 ディレクトリ変数
  • 7.6 $TMP_DIR について
  • 7.7 設定ファイル群
  • 7.8 単に便利なためにある変数
  • 7.9 内部で使われている変数を調べるには?
  • 8 FML 設定ファイルのフォーマットと構造
  • 8.1 members ファイルのフォーマットと構造
  • 8.2 actives ファイルのフォーマットと構造
  • 8.3 actives と members の違い
  • 8.4 複数のメンバーリスト、複数の配送リスト
  • 8.5 msendrc ファイルのフォーマットと構造
  • 8.6 パスワードファイルのフォーマットと構造
  • 8.7 FMLインストール後の maintenance と version up に関して
  • 9 Security
  • 9.1 Security 関係の基本思想
  • 9.2 Security Check Routine
  • 9.3 DNS Spoofing
  • 9.4 Address Spoofing
  • 9.5 SYN Flooding
  • 9.6 Email アドレスの表現とRFC822
  • 9.7 smrsh.c
  • 9.8 access(2)
  • 9.9 Precedence Priority
  • 9.10 4.4BSD vacation
  • 9.11 File and Directory Permission Default
  • 9.12 Directory Permissions
  • 9.13 sendmail 8.8 における check_* ルールセットについて
  • 9.14 SMTP and Authentication
  • 9.15 &system() function
  • 10 ライブラリ関数
  • 10.1 daemon (libutils.pl)
  • 10.2 Sendmail (libsmtp.pl)
  • 10.3 SendFile (libsmtp.pl)
  • 10.4 NeonSendFile (libsmtp.pl)
  • 10.5 Addr2FQDN (fml.pl)
  • 10.6 AddressMatch (fml.pl)
  • 10.7 MailListMemberP (fml.pl)
  • 10.8 MailListActiveP (fml.pl)
  • 10.9 Append2 (fml.pl)
  • 10.10 AutoRegist (libutils.pl)
  • 10.11 ChangeMemberList (libfml.pl)
  • 10.12 ChangePasswd (libcrypt.pl)
  • 10.13 CheckMember (fml.pl)
  • 10.14 CmpPasswd (libcrypt.pl)
  • 10.15 CmpPasswdInFile (libcrypt.pl)
  • 10.16 Conv2mailbox (fml.pl)
  • 10.17 DecodeMimeStrings (libMIME.pl)
  • 10.18 Flock (fml.pl)
  • 10.19 Funlock (fml.pl)
  • 10.20 GetID (libfml.pl)
  • 10.21 GetTime (fml.pl)
  • 10.22 Lock (fml.pl)
  • 10.23 Log (fml.pl)
  • 10.24 LogWEnv (fml.pl)
  • 10.25 Lookup (fml.pl)
  • 10.26 MailListActiveP (fml.pl)
  • 10.27 MailListMemberP (fml.pl)
  • 10.28 Mesg (fml.pl)
  • 10.29 NewSyslog (libnewsyslog.pl)
  • 10.30 Notify (fml.pl)
  • 10.31 RunHooks (fml.pl)
  • 10.32 ExecNewProcess (fml.pl)
  • 10.33 SecureP (fml.pl)
  • 10.34 SendBackInOrder (libfop.pl)
  • 10.35 SocketInit (libsmtp.pl)
  • 10.36 TurnOverW0 (libnewsyslog.pl)
  • 10.37 Unlock (fml.pl)
  • 10.38 Warn (fml.pl)
  • 10.39 WholeMail (fml.pl)
  • 10.40 eval (fml.pl)
  • 10.41 ipc (libutils.pl)
  • 10.42 system (libutils.pl)
  • 11 Porting to other Operationg Systems
  • 11.1 Micro$oft NT 4.0
  • 11.2 sys/ Directory
  • Appendix A 変数名や関数名の名付け方の慣習について
  • Appendix A.1 関数名
  • Appendix B some debug information
  • Appendix B.1 ロードしていく様子の例 (配送の場合)
  • [______TOC_______] [NEXT CHAPTER]