fml のソース( CVS 的なソース )を追いかける

注意: インストールするにはもう一段階作業が必要です。 日々のスナップショットをテストして下さる方は daily snapshot を御利用下さい。


fml のソースの追跡は anonymous cvs だけで追いかけることができます。 しかし最初の一発目だけは、ダウンロードする方が楽でしょう。 以下の URL からダウンロードし、展開して下さい。 展開後、
% cd 展開されたディレクトリ
% cvs update -d -P
などとすると最新版のソースにアップデートされます。
注意: ファイアウォールが 2401/tcp を通している必要があります。 これは、ソースなので、インストールするためには make してください
% cd 展開されたディレクトリ
% cvs update -d -P
% cp distrib/mk/fmlmk.conf.example fmlmk.conf
% make build
注意: BSD 系では /usr/bin/make でよいのですが、linux 系では bmake (BSD make) を使わないと make できません。
bmake は fml リポジトリにある dist/NetBSD/src/usr.bin/make を compile すればいいのですが… うーん
$FML: catchup.ja.html,v 2.3 2002/03/24 12:34:39 fukachan Exp $