[HOME] [NSRG] [インフラ] [fml4] [fml8] [fdgw] [北海道] [おすすめの本] [らん読] [熊語] Powered by NetBSD , SAKURA and [nuinui.net] .

うに丼: なぎさ食堂

飾っておいてくれてありがとうございます。 みなさま 「ぬいぬい’s カード」 を御堪能下さい :-) 2016 年度は、お店での書き下ろし! 2014 と 2015 年度は欠品。 2011 年版は、ちょっと字がにじんちゃってるので ;-) 2010 年版の下に入れてきました。 少しだけメッセージがのぞいてます。

カムイ岬の少し手前の集落にあります。 海水浴場の売店と内部でつながっており、 いかにも仮設ぽいかんじですが、味は天下一品です!

Warning

天気の善し悪しから、 朝、積丹でウニ漁があったかないか(しけだったか否か)は判断できません。 確実をきしたい人は必ず電話してから行きましょう。

TEL: 0135-46-5308

2016 年度: (朝、漁があれば)今年は 6/20 から営業いたします。 「今年はシケが多くてね、一週間休業のときもあったよ〜」 8月「最近、不漁続きで、本日は 9:30-12:00 です」 今年は大変そうです。

うに丼は、 白のうに並+ごはん並が 2,000 円 (2016 年度は 2,400)、 白のうに大盛り+ごはん並が 3,000 円〜。

地元のコンブを食べて育ったウニをミョウバンなしで、 つまり塩水だけで加工する業者から仕入れて出しています。

うにがどんどん崩れ、とけていきますが、これが正しいウニ丼です! 空気にふれて形が崩れないウニは何かおかしいのです。 あとシケに左右されないお店も疑った方がいいですよ。

(すみません、迫力を伝えたくて解像度最大の写真です)

大盛り

普通

ハーフ&ハーフ (むらさきうに&ばふんうに)

2006/07/02: 今年もおばちゃんたちは元気でした。ずっと営業してね。

2007: 2007 年度は 2007/06/15 からウニ漁解禁。

2008: 2008 年度はシケが多くて休みの日が多かったらしいです。 また、近年、海水温度の上昇で、 バフンウニは収穫前に水中で死亡 (白く燃えつきるらしい、あしたのジョー?) してしまうものが多く収穫が少ない。 バフンウニはメニューにのせるのが困難らしい。

2009: 2009 年度の絵をおいてきました。

2010: 2010 年度の絵をおいてきました。 バイトのおねえちゃん(大学生)がいました。

2011: なんだか馬糞さんが例年よりも豊富に入荷?それは今年、寒いから? 香港のガイドブックにも、ここは紹介されているらしいです。

ぬいぬい’s は、なぎさ食堂さんを応援しています。

なぎさ食堂の歴史

海水浴場の売店と食堂だったらしいです。 おじいちゃんが元気に食堂を切り盛りしていた時代は、 もっとたくさんのメニューを出していました。 食べてみたかったですねぇ〜

おじいちゃんが亡くなったあと店をたたもうとも考えたらしいのですが、 メニューを減らして、ウに丼一本でいくことにしたそうです。

[HOME] [NSRG] [インフラ] [fml4] [fml8] [fdgw] [北海道] [おすすめの本] [らん読] [熊語] Powered by NetBSD , SAKURA and [nuinui.net] .
Copyright (C) 1993-2017 Ken'ichi Fukamachi mail:< fukachan at fml.org >