[HOME] [NSRG] [インフラ] [fml4] [fml8] [北海道] [おすすめの本] Powered by NetBSD and [nuinui.net] .

NetBSD ソースから配布セットを作る

Table of Contents
NetBSD バージョン番号の読み方
NetBSD ソースコードのダウンロードと展開の仕方一式
NetBSD (release) ソースコードのダウンロード
NetBSD (daily) ソースコードのダウンロード
NetBSD (stable) ソースコードのダウンロード
NetBSD (current) ソースコードのダウンロード
NetBSD ソースコードを CVS からダウンロード
NetBSD 配布セットをソースからコンパイルする

本章では NetBSD の ソースから配布セット(インストールセット)一式を作る 方法について述べます。

OS インストール方法および様々なソフトウエアのインストール方法は NetBSD サーバの構築クライアントの構築 を参照して下さい。

でも、まずは「NetBSD バージョンの読み方」の説明からはじめますね。

NetBSD バージョン番号の読み方

Caution

正式リリース版(5.0 5.0.1 5.1 など)以外に、 current (開発版、動作無保証、バージョン名 5.99.xx)があります。 それ以外に、いわゆる stable に相当するもの、 daily (テストのため current や stable を常に作り続けている) があります。

NetBSD 
NetBSD-current
NetBSD daily  (俗称?)
NetBSD stable (俗称)

なお、「特定の何か!」に意味があり、 それをどうしても手に入れたいという場合は CVS から取り出すことになります。

いずれにせよ、正式リリース以外のものは、 「CVS のブランチ名称」と「日付」で区別することになります。

NetBSD 正式リリース版のバージョン番号の読み方

NetBSD 2.0 以降

正式リリース版とは、 NetBSD 5.1 など「リリースしました」とアナウンスの出る版のことです。 「NetBSD 数字.数字」 ないしは 「NetBSD 数字.数字.数字」 という名称がつけられます。

3.0 〜 5.1 の事例は次のようになります。

NetBSD 3.0
NetBSD 3.0.1
NetBSD 3.0.2
NetBSD 3.0.3
NetBSD 3.1
NetBSD 3.1.1
NetBSD 4.0
NetBSD 4.0.1
NetBSD 5.0
NetBSD 5.0.1
NetBSD 5.0.2
NetBSD 5.1

X.Y.Z の X がメジャーバージョン、Y がマイナーバージョンです。 Z は、さらに細かい単位で、 X.Y への最低限の修正を加えた (セキュリティパッチなどをあてた)版を区別するためのものです。

●大まかな区別●

X        メジャー バージョンアップ                             
X.Y      X の マイナーバージョン Y   機能追加あり
X.Y.Z    X.Y への修正                X.Y に対する修正のみ、機能追加なし

よって 3.0 → 4.0 → 5.0 となるのが原則です。 が、そんな速度で開発してないので、区切りのいいところで、 アップデートがかかります。 たとえば 3.0 → 3.1 → 3.2 → 4.0 → 5.0 → 5.1 のようにです。 X.Y をリリースするかは「区切りのよさ」らしいので、 原則通り 4.0 の次が(4.1 が飛んで) 5.0 になることもあります。

通常 X.Y は feature update があります。 たとえば 5.0 から 5.1 の場合、多くのバグ修正に加え、 新たに付け加わったデバイスや機能があります。

一方、どんなに気をつけていても、セキュリティホールはあるものです。 セキュリティアップデートは避けて通れません。 こういったバグ修正のみを反映させた「安定版のなかの安定版」が X.Y.Z たとえば 4.0.1 といったバージョンです。 これは 4.0 へのバグ修正版という意味になります。 機能追加等はありません。

NetBSD 2.0 以前

一桁ずれます。 1.X の Xがメジャーバージョンです。

1.0 1.1 1.2 1.3 ...
が 2.0 以降の
0.0 1.0 2.0 3.0 ...
という意味合いになります。

[HOME] [NSRG] [インフラ] [fml4] [fml8] [北海道] [おすすめの本] Powered by NetBSD and [nuinui.net] .
Copyright (C) 1993-2017 Ken'ichi Fukamachi mail:< fukachan at fml.org >