[HOME] [NSRG] [インフラ] [fml4] [fml8] [北海道] [おすすめの本] Powered by NetBSD and [nuinui.net] .

登山: 山登り/バックパッキング (そこそこ安く&軽く)

Table of Contents
思考原則
なぜ?
はじめての山登り
山登り ステップアップ
山登り ステップアップ プレ一日コース
理論(1): Ultralight Backpacking
反論(1): 反 Ultralight Backpacking 総論
反論(2): フレームとウルトラライト
基本的なパラメータ
SI 以外の単位系
山の道具は何でも高い!
コラム: [工夫][安][登山?]道具: ドガシータープ 700
道具: はかり
登山道具: コンパス
登山道具: ロギング(記録)、ノート、地図、コンパス、時計、GPS、…
道具: サングラス
登山道具: バックパック、ザック、リュック
登山道具: テント
登山道具: 寝袋、シュラフ(schlaf)
道具: 食品乾燥器 (ディハイドレータ、Food Dehydrator)
登山道具: インナーウエア (シャツ)
コラム: うにくろ、しまむら、わーくまん とか
道具: カメラ
登山道具: フットギア (シューズ、ソックス)
基礎体力の訓練

本章は 「山登り/バックパッキング [1] を少数の原則から理論的に考えてみる」 という思考実験です。

なお、出てくる店や山の名前が北海道ローカルですが、適宜読み変えて下さい:)

また、最初は道具の紹介コーナーも作ろうと思っていたけど、結局、 事例の写真とか値段などを並べて奇麗な画面を作るのが大変なので、 アマゾン(amazon.co.jp)を利用した「道具の写真や値段の参考」サイト を作って、そこで紹介しています。よかったら、そちらも御参照下さい。

思考原則

登山用の五大原則/ルール初版

登山用の五大原則/ルール初版を次のように仮定します。

S. survival    生命維持 (体温、水、必須栄養素の補充)
L. lighten up! 軽量化
B. buffer      バッファを少し 
C. cheap       お金をかけずに 
R. redundancy  冗長化構成 (redundancy or recovery)
また、より上位のメタルールとして次のものを念頭におきます。
M. meta        総重量規制(base weight < 4.5kg)
このメタルール M 下で、 S L B C R ルール群の適用順/最適化を考えなければなりません。

ルール S は最優先事項なのは確かですが、 S L B C R ルール群の中での量的な優先順位付けは難しいです。

S >> ( L <=> B <=> C <=> R )
特に L B C R の優先順位はケースバイケースです。 また S L B C R 全ルールを考慮した上で、 メタレベルにも再びルール L と類似した総重量規制、 base weight 4.5 〜 5.0 kg があるわけです。

付録: 五大原則/ルール初版 ネットワーク版

なお、コンピュータネットワーク版の五大原則/ルールは次の通り。

S. stability   安定性
L. less power  省電力
B. buffer      バッファを少し 
C. cheap       お金をかけずに 
R. redundancy  冗長化構成
また、より上位のメタルールとして次のものを念頭におきます。
M. meta        総容量規制とスケーラブル
                   容量が 42U ラック
                   電力が 20A or 20Ax2 で収まるか
                   耐用年数4〜5年の中でスケーラブルなデザインか?

M は理想で、なかなか難しいですが、 S L B C R を考える際に裏で考えておくべきです。 しかしながら、 規模が大きな設備であればあるほど M の重みが大きくなるといえるでしょう。

Notes

[1]

英語の backpacking は貧乏旅行のことではない。 縦走という訳語が一番近いらしいが、それも微妙に違うような気がする。

[HOME] [NSRG] [インフラ] [fml4] [fml8] [北海道] [おすすめの本] Powered by NetBSD and [nuinui.net] .
Copyright (C) 1993-2017 Ken'ichi Fukamachi mail:< fukachan at fml.org >